Pocket

【投資をすれば得るべきものはそのリターンです。これは男女の関係においてもあてはまることかも!?体験談を交えて考察しちゃいます! たらちゃん】

 

ほったらかし道のど真ん中をブレずにGO!
たらちゃんです(*´з`)

いつも応援感謝いたします(#^^#)
ブログランキングへ参加中です!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
(にほんブログ村のブログ達そろってます^^)

主な活動内容

ブログ誕生秘話について(←はじめましての方はコレを読んでみて♪)

めざすはアーリーリタイヤ!毎月の運用成績はコチラをチェック(´っ・ω・)っ
(外貨積立&株式投資)

ガチ人生設計中!たらちゃん実践中のタネ銭稼ぎって?

男女関係におけるコストとリターンの説明

何事にも投資をしたからには、いくらかのリターンを得ることを意識しておかなくてはなりません。
それは、もちろん株式投資もそうであるし副収入を得る活動だったりもありますが実は「男女の関係」においても同じことがいえるだろうと考えます。

 

男女関係のコストとリターンってあんまり普段は意識しないことだと思います。
ですが、そこには避けてはならない明確なコストとリターンが存在するんです!!
(このことを意識しておくことで、目標が明確になりパフォーマンスがアップするかもしれませんね^^)

 

それでは男女関係におけるコストとリターンとは具体的にどのようなものを指すのでしょうか?
たらちゃんが考えるそれは以下のようなものです。

 

 

コストとしてはだいたいざっくり以下のように分類されるのではないでしょうか?
(結婚とかそこら辺のコストは今回は考察しません)

 

・女性と出会うまでのコスト
・女性とデートが実現した時のコスト
・女性とセックスをする時のコスト
・女性を彼女としてキープするためのコスト

 

女性と出会うまでのコスト

超絶イケメソとかお金持ち、芸能人なら女性の方から寄ってくるかもしれませんが・・・
僕のような普通の男子にとっては女子と知り合うためのコストですら発生します(泣)
まぁ、一言で言うと行動しなければ女子と知り合って仲良くなるチャンスは皆無です!

 

例えば・・・
合コンの場合は、”合コンを開いてくれる人を探す”とか”合コンメンバーを集める”などでしょうか。
出会い系サイトやマッチングアプリの場合には、利用料が発生しますね。
(↑ちなみにたらちゃんは出会い系アプリやらマッチングアプリが主戦場ですw)

 

※下記はリンクになっています
(よく使うアプリです^^)

【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith
心理学×統計学で運命より確実な出会いを見つけよう!

 

逆に女性と出会うまでのコストが一切かからないシチュエーションとしては、”友人や知人からの紹介”や”職場で出会う”とか”リアルでのナンパ”がそれに該当しますね。

 

でも女性を紹介されるなんてそんなに頻繁にあるものでもないし、なかなかそういう機会に恵まれない方も多いかもしれませんね。
職場で女子と恋仲になるのはどうでしょうか?
(けっこうリスク高め?笑)
う~ん、たらちゃんは一切経験ないですね(;´∀`)

 

で、リアルナンパは多大なる勇気と断られた時の精神的ショックがかかるくらいでしょうか(笑)
リアルナンパが普通にできると、女子と知り合うコストはほぼゼロになりますね(*’ω’*)

女性とデートが実現した時のコスト

これは一般的かつイメージしやすいコストなのではないでしょうか?
例えば、食事代やその他レジャーにかかる費用(遊園地や映画館)などが該当しますね。
女性にプレゼントを渡す場合には、その分のコストもかかってきます。

女性とセックスをする時のコスト

デートが終わってお互いいい雰囲気になれば・・・
そう!その先にはセックスという究極の男女の愛情表現が待っていますね(*´▽`*)
ワンナイトで終わるかもしれないし、そこから末永くお付き合いが始まるかもしれない…

 

えぇ、たらちゃんもワンナイトで終わらすつもりだったけど比較的長いお付き合いになった女子がいましたね~
(とても懐かしいw)

 

思い出話はこのくらいにしておいて・・・
女性とセックスする時のコストとは、例えばラブホテル代が挙げられるでしょうかね。
セックスには二人きりになるための環境が必要ですからね(*’ω’*)
(公園のベンチでとかいう意見はスルーでwww)

 

一人暮らしとかで自宅に女子を連れてこれるとか、女子宅にお邪魔できるとかいう場合にはセックスする時のコストはゼロです。

 

ちなみに、風俗を利用する場合のコストもここに該当しますね。
この場合は、女性と出会うためのコストとデートが実現した時のコストはかかりません。
ですが、セックス1回あたりのコストはけっこうお高めです(;´∀`)

女性を彼女としてキープするためのコスト

晴れて女性を彼女にすることができた場合、それからのコストが一番大きいと言えるのではないでしょうか?
週1回会えればOKという女子もいれば、それ以上会いたいという女子も様々でしょう。

 

デート代は維持管理費として定期的にかかることは覚悟が必要です(笑)

 

それでは、これまでに紹介してきたコストを払うことで男性が得られるリターンはどのようなものがあるのでしょうか?
・彼女化する(定期的に会ってデートしたりセックスする)
・セフレ化する(セックスするだけの関係)
・1回セックスをする(ワンナイト)
・友達になる(セックスは発生しない)
・合コン要員になる

彼女化する

やっぱりコストをかけた以上女子を自分のものにする、すなわち彼女にするというのが最終的な目標の男子が多いのではないでしょうか?
「俺はセフレしか興味ねぇ~!」という野郎も時にはいますが(笑)

 

彼女化というリターンを得られると同時に、付き合いが終わるまで定期的な維持管理費というコストも発生しておかなくてはなりませんね。

セフレ化する

定期的にセックスする関係です。
彼女化した場合よりも、お付き合いにかかるコストは少なく済みます。

1回セックスをする

いわゆるワンナイトラブというやつですね。
合コン、出会い系アプリ、リアルナンパでしばしば発生しがちの関係です。
ちなみにたらちゃんの得意分野は出会いアプリです(笑)

 

個人的な経験として、これにかかるコストは4000円~12,000円くらいでしょうか。
(詳しくは後日、記事にしてみますね)

友達になる

彼女にしたりセックスはしないけれど、お互い趣味が合うとか考えや価値観が合うとかの場合には友達関係で付き合い続けるというのもあるでしょう。

合コン要員になる

顏もタイプではない(笑)、特に気が合うわけでもない、でもリリースするのはなんだかもったいない。
女友達が多そうな場合、合コンに女子を連れてきてくれる要因としての付き合いもありでしょうかな(‘_’)
その合コンで新たなリターンを得られれば、投資は成功です。

 

以上、男女関係におけるコストとリターンについて挙げてみました。
あくまで考え方の一つとしてご紹介したものであって、人との付き合いで四六時中こんなことを考えているわけではないのでご了承くださいませ(笑)

本日の株トレード履歴

昨日、本日のトレードは無しです。

本日の株式運用状況

■現物

■信用

なし

■外国株式

■買付余力

あとがき

普段あまり意識することの少ない、男女関係におけるコストとそのリターンについて考えうるものをご紹介してきました。
「他にもこんなのあるよ~」というものがあればぜひぜひご意見お寄せください♪

 

次回は、たらちゃんは“セックス1回あたりどのくらいのコストをかけているのか?”という話題について体験談を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

けっこうゲスい話題になりますが興味のある方は、ぜひご覧くださいませ(笑)

 

それではあなたもほったらかし道、
突っ走ってみませんか?
レッツゴーほったらかし道!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Pocket