Pocket

さて、今日は2020年から本格的に始動した米国株投資プロジェクトについて詳しく説明しきれなかったところも多々あるので、あらためてまとめようと思います。

 

米国株投資どんな戦略?

まず、どのような戦略に基づいて米国株投資をしているかというと、それは

「ダウの犬」という投資戦略です。

 

以前、ちょろっと話題にしましたね。

 

簡単にいうと、ダウ工業株銘柄の中から、配当利回りの高い順に10銘柄買って、配当を受け取り、また再投資という感じです。

 

具体的には以下のような手順となります。

  1. NYダウ工業株30種平均株価を構成する30銘柄の中から、高配当の10銘柄に投資する
  2. 1年間購入した10銘柄を保有する
  3. 1年後にその時点で配当利回りが高い10銘柄と入れ替える

 

これは一年に1回、銘柄を選んで購入してあとはほったらかしなので、めちゃ簡単ですね。

 

スパスパ売買すると大けがをしてひん死になってしまうたらちゃんのような弱小投資家にうってつけです(涙涙)

 

タネ銭(投資額)はいくら?

今回の米国株投資では、1000万円ぶっこみました

 

一度でここまでの額の株を購入したのは初めてだったのでちょっと緊張しました(笑)

 

これまで、作った株式投資の損益グラフとかどうしよ…

 

どの米国株銘柄を購入した?ポートフォリオは?

2020年1月24日に第一弾の購入で、購入履歴は以下の通りです。

 

配当利回り率が1位のダウという企業の株は、DMM証券では取り扱っていませんでしたので合計で9銘柄の購入です。

 

ちょい下落するたびに買い増ししていましたが(エクソンモービルとかMMMとか)

 

すべてをチャラにするコロナさん!!

世界的な株価下落の影響を甚大に受けるというね(;´Д`)

 

1カ月で150万円なくなるのはなかなかファンキーです(笑)

 

まぁ、ほったらかすから関係ないけれど!(涙涙)

 

2020年はプラマイゼロになりゃ上出来やろ(´・ω・`)

 

まとめ

以上が、ダウの犬投資戦略を1000万円から始めてどのくらいのパフォーマンスを出せるのかでした。

 

これまでいろいろ株を買ったり、売ったりしてきましたがようやくこの方法に落ち着きそうな予感です。

やっぱり日々の株価の値動きに一喜一憂しない、ほったらかしスタイルが性に合っているなぁと思いました。

 

これからは、ダウの犬投資・外貨積み立て・積み立てNISAの三本柱の投資戦略でいきたいと思います!!

(ようやく、全てほったらかし投資の名に恥じないものになりましたwww)

 

あ、あとそのうちFXの自動取引も始めます(`・ω・´)

(↑これも自分では取引は一切せず、ツールが自動売買してくれるっていう素晴らしい仕組みです)

 

それについては別の機会にご紹介させていただきますね。

Pocket