Pocket

 

「この人と仲良くなりたいな~」とか「目の前の女子ともっと仲良くなれたらな~」っていう場面がしばしばあるかもしれません。

 

そんな時あなたならどうする?

 

  • 自分はこんなにすごいんだとアピールする?
  • とにかく褒めちぎる?
  • おもしろいことを言いまくる?

 

いいえ!

これのどれにも当てはまらないのです。

 

正解は・・・

 

「相手の話を聴くこと」です。

 

「なんだ~そんなの誰でもできるやん?」と思うことなかれ。

 

ほとんどの人ができていない聴き方の手順があるんですよね。

 

いつの間にか相手に好印象を与える話の聴き方って?

今回はFBIが実際に使っている「相手にいい印象を持たせる話の聴き方」についてお話しします。

 

ちなみになぜFBIかと言うと・・・

相手にいい印象を持ってもらわなくてはならない職業が交渉人(ネゴシーエター)と呼ばれる人々です。

 

この交渉人は、例えば人質を取っているテロリストとかと対話することが仕事です。

 

その最優先の目的は、もちろん人質を安全に解放すること。

 

そんな場面で交渉人は、テロリストとか悪い人たちにまず第一に信頼されなくてはなりません。

下手なことを言えばその場で爆弾ドーンみたいなことだってありえますからね。

 

そして交渉人は、交渉に必要とされる特殊な教育を徹底的に受けていたりします。

というのも、それらは心理学的なテクニックを駆使した内容なのです。

 

我々が、普段FBIのように命にかかわるヤバい交渉をすることはないと思いますが・・・

 

もしあなたが日常生活でこのテクニックを使えばどんな効果があるでしょうか?

 

  • 初対面の人でも仲良くなれる
  • 短期間で相手との信頼関係を築ける
  • 敵対している人とも友好的な関係を作れる

 

こんなことは朝飯前でしょうね~。

 

だってテロリストですら対話でねじ伏せてしまう会話術なのですから!Σ(゚Д゚)

 

ということで、一瞬で相手の信頼を勝ち取り好印象を与える話の聴き方。

 

それが傾聴というテクニックです。

 

FBIとしてはまず犯人と交渉するにあたって、傾聴が一番大事と言っています。

まずは「あなたの話を聞きますよ」というスタンスですね。

 

 

話を聞くと言っても、実際にはとっても奥が深いんです。

 

それでは傾聴の4つのステップをご説明します。

 

口出し・反論・評価は厳禁

まずは相手の話を黙って聴くべし!

「俺はこう思う~」とか「それ違うよね?」などの口出しはNGです。

 

どんな意見であろうといったんは話を聴くことで、傾聴がスタートします。

 

短く定期的にうなずく

そして、ただ話を聴いているだけではなく短くかつ定期的に「うん、うん」と相づちいれることが大事

たとえ一瞬でもいいので、相手が息継ぎしてる時などにうなずきましょう!

 

あなたの話をちゃんと聞いていますよというサインになります。

 

相手の言ったことをまとめて伝える

会話がひと段落着いた頃に、相手の言ったことをまとめてみましょう。

 

まとめると言っても

「要するに~~でしょ?」や「つまりは~~ってことね?」とか本当に要約するのではないのが面白いところ。

 

例えば、

「それって○○で△△ってことで合ってます?」みたいに

自分の認識があっているか確認するスタンスで、おうかがいを立てる感じです。

 

「ボク間違ってたら教えてね?」っていう姿勢になりますね。

 

こうすると、相手がさらに具体例とか事例とか言ってくる可能性が高く話が広がります。

そしてより深い会話ができるのです。

 

相手がより「コイツわかってるじゃん」と思わせることがミソです!

 

手短な質問をしてみる

さらに、会話が深くなっていけば

「そうなんですね!ちなみに~~~だったりします?」

みたいな素朴な疑問を突っ込むことを加えてみましょう!

 

例えば、相手が「仕事で大変だった」みたいな話をしてきたのであれば

 

「えっ!?そんな大変なことがあったんですね!それで○○さんはそこでどうトラブルを乗り切ったんですか?」

「そんな素晴らしい成果を出したんですね!周りの反応ってどんな感じでした?」

 

などなど、相手が聞いてほしそうなポイントを予想して聞いてみるっていうテクニックです。

相手の思考を先読みするのである程度難易度高かくなりますが、めっちゃ効果的。

 

これが上手くいけば、相手がいい気分になりますしあなたに対する好感も爆上げです(*’ω’*)

ちなみに、人間が自分の話を聞いてほしいな~って時には、とあるサインが出やすくて、

話をもったいぶったり、声のトーン変わったり、話す速度が遅くなったりします。

この微妙な間を察知できれば、ココ大事だよ的なお話しになるのでガッツリ食いついちゃいましょう!

 

逆に話をさえぎってほしくない時には、マシンガントークになるからそっとしておきましょうね。

 

ここまでが実際にFBIも使っている傾聴のテクニックの基本です。

 

傾聴だけでも使いこなせれば営業と接待は完璧です。

 

ですが、みんな質問をしないから傾聴ができてないことが多いです。

人はあなたからの質問を待ってますよ~

 

ってことで、傾聴は練習あるのみなので早速試してみてください(^^♪

Pocket