Pocket

【記事更新日:2020年4月3日】

 

このたび、私はフリーランスエンジニアとしての道に進むことを決意いたしました!(`・ω・´)シャキーン

 

快適な生活から抜け出そうと、常に新たなチャレンジをするのがポリシーのたらちゃんです。

 

ということで、フリーランスの第一歩として仕事を探さなくてはなりません。

ここで、仕事を探す方法としては、以下の方法が考えられますね。

 

  • 自分で営業をして案件を獲得する
  • クラウドソーシングで募集されている案件に応募する
  • エージェントに仕事を紹介してもらう

 

いったいどうやって仕事を探したらいいの~~~!?(。´・ω・)?

 

って気になるかもしれません。

 

はい、私が一番気になります(笑)

 

フリーランスエンジニアとして仕事を得る方法

それでは、フリーランスエンジニアとして生きていくためにどんな手段で仕事を探していけばいいのでしょうか?

方法と、各選択肢のメリット・デメリットについて考察していきましょう。

 

自分で営業をして案件を獲得する

自分で、お客さんに「仕事紹介してください!」と働きかけるやり方です。

 

メリット:仲介する人や会社がいないため、報酬がすべて自分に入る。

デメリット:仕事のつてがないと永久に仕事が見つからない。営業が苦手な人にとっては苦痛。

 

クラウドソーシングで募集されている案件に応募する

ウェブ上で、様々なクライアントが仕事を募集していて、そこに応募するやり方です。

 

メリット:多くの仕事がある、自宅で簡単に探せる

デメリット:自分の持っているスキルに合う案件があるとは限らない

 

エージェントに仕事を紹介してもらう

フリーランスエンジニア専用のお仕事紹介サイトに登録して、仕事を登録してもらう方法です。

 

メリット:仕事を自分で探さなくてよい

デメリット:エージェントとの相性が悪いと上手くいかない

 

フリーランスエンジニアのための登録すべきエージェントサイト

※随時、追記していきます!

 
フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を【midworks】

フューチャリズム

 

【フォスターフリーランス】


フリーエンジニアの案件探しは、Web案件数業界最大級のレバテックフリーランス

 
独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

 

High-Performer

【ITプロパートナーズ】

tech tree

DYMテック

techcareer freelance

 

《平均年収819万》フリーエンジニアの高額案件なら【エミリーエンジニア】

各エージェントを使ってみた体験談・感想など

※随時、エージェントを使ってみた感想など追記していきたいと思います!

 

フューチャリズム

登録後、30分後くらいに担当者から連絡がある。

稼働希望時期や現在のスキルをヒアリングされる。

対面面談かオンライン面談が可能。

本社は西新宿。

 

midworks

電話面談の予約時間の10分後に着信あり。

今後の方向性やスキル、年齢の確認。

後日、対面もしくはビデオ面談の実施。

本社は渋谷。

 

レバテックフリーランス

登録後、スキルシートの提出依頼あり(フォーマットあり)

その後、電話かビデオ面談の調整。

 

面談後、案件が載っているwebページを教えられるのでそこからエントリーする。

 

Pe-BANK

登録後、スキルシートを提出。

対面での面談を実施する。

 

2時間ほど対面での面談⇒40分程度会社説明、その後ヒアリング

Pocket