Pocket

 

人生にはいろいろな思いつく力やひらめく力、アイデアを考える力が必要な時ってありますよね。

 

ビジネスのアイデアを考えなきゃ~とか今ある問題をどうやって解決しようってときにこういう力があればあるほどイージーモードになったりします。

 

ではでは、何かを思いつく力って具体的にどんな能力なのか?

 

それは3つに分類されます。

ほにゃらら想像力という名称になります

 

空想的想像力

自分が他社になりきる想像力やロールプレイング能力、演技力など。

俳優さんや女優さんが得意なこの力も想像力の一種ですね

 

エピソード的想像力

過去の経験や体験をもとに、組み合わせてアイデアを創造する力です。

結果よりも過程が重視される場面において使える力。

想像しながら、どんな選択肢があるかな~など考えていく想像力。

 

洞察的想像力

これが生きていくうえで欲しい能力ではないでしょうかね(#^^#)

いわゆるひらめきの能力です。

 

たくさんアイデア出す分岐思考だったり、たくさん出たアイデアの中からおいしいとこを抽出してまとめるという収束思考などがこれにあたります。

 

それでは、本題の想像力が高まったりクリエイティブな能力発揮されるような行動をご紹介したいと思います( *´艸`)

 

すべてやってみるというよりは、できそうなものから試してみてください!

 

他者思考になる

他人のために何かを考えた方がいいアイデアが思い浮かぶというものです。

コンサルタントのお仕事とかがこれにあたりますね。

客観的な視点を持つことでいろんな見方ができるようになるのです。

多数の視点が必要、自分の視点以外で考えることが大事。

 

一人で考えた後にみんなの複数のアイデアを集める

アイデアを自分1人で作ってから、集団でそれらをミックスするのが有効。

 

アイデアをみんなで考えるというのはNGで、一人で考えるってのがポイント

みんなで考えると一人一人が手抜きしがちになるんですよね。

 

あと、アイデア出しは立ちながらやるといいらしいです。

出し惜しみがなくなるという効果があります。

⇒みんなに自分のアイデアをシェアしやすくなるという研究結果があります。

 

ほめ上手な友達がいるといいアイデアが生まれやすい

誉め言葉に触れることでいいパフォーマンスがでるという研究結果があります。

褒め上手な人が回りにいれば、クリエイティブな力があがるかも!?

 

問題解決力が2.5倍になったりするんですって!

 

心理的な距離感が遠いといいアイデアが出やすい

時間とか空間的な距離が遠いと、抽象的な思考になることでいいアイデアが出やすくなります。

例えば、

「1か月後に10万円もらえる」

と言われた人は

 

ジムに通い始めようかな~とか投資を始めようかな~とか様々な使い道が出るのに対して

「今10万円もらえる」

と言われた人は、ぱ~っと飲みに行こうか的な思考になりやすいのだとか。

 

遠い未来のことを考えるたり、遠い国に行ったりするのがいいアイデアには有効です。

また、距離を感じるといいということもあるので

・天井の高いところ
・遠い外国にいるところを想像する

なども有効です。

 

照明を暗くするする方がいいアイデアが出るという研究結果もあったりします。

 

アイデア出しに煮詰まったら部屋を暗くする、広いとこにいく、過去に思いをはせる、未来のことを考えるなどなどしてみましょう。

 

お茶を飲むだけでクリエイティブ力UP

お茶はコーヒーよりも想像性が豊かになります。

レゴブロックで何か物を作るという実験で、お湯を飲んだグループよりも紅茶を飲んだグループの方がよりおもしろいものを作れました。

 

キャッチコピーを作るといった実験でも紅茶を飲んだグループの方が圧倒的にいい結果を出していたのだとか!

 

お茶飲んでからアイデア出しってのもいいですね!

 

コスプレとかなりきりをする

「おれはクリエイティブな職業の人間だ」と思うと、そうでない場合よりもいいアイデアがでやすいそうです。

 

また、スーツを着たらメンタルUP、創造性UP、抽象思考が高まる、男性ホルモンUPなどいい効果が多くみられます。

注意力を高めるには白衣を着るといいのだとか

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
Pocket