Pocket

【銀行員や郵便局員の持ちかける投資商品話には耳を貸さない方が吉です!ネット証券を使って賢く資産運用しちゃいましょう! たらちゃん】

 

ほったらかし道のど真ん中をブレずにGO!
ネットナンパ師&低位株(ボロ株)投資家ブロガーのたらちゃんです(*´з`)

 

いつも応援感謝いたします(#^^#)
ブログランキングへ参加中です!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
(にほんブログ村のブログ達そろってます^^)

主な活動内容

オトコなら、稼ぐべし( ・`д・´)(←はじめましての方はコレを読んでみて♪)

めざすはアーリーリタイヤ!毎月の運用成績はコチラをチェック(´っ・ω・)っ (外貨積立&株式投資)

ガチ人生設計中!たらちゃん実践中のタネ銭稼ぎって?

読書記録公開中!(随時更新)

要注意!銀行が営業してくる金融商品には手を出しちゃダメ!?

とある、話を聞きました。

 

それは、銀行員の勧める金融商品を購入してしまい大損した人の話です。

 

Aさんは勤めていた会社を退職するとともに退職金2000万円を受け取りました。

しかし2000万円という大金を受け取ったAさんは、このお金をどう使っていけばいいのかわかりません。

 

きっとこれだけの大金なのでAさんとしては効率よく運用したいという希望があったです。

預金したところで超低金利の時代なのでもっといい選択肢がないかと悩んでいた時に一本の電話が・・・

 

退職金が振り込まれた銀行からの電話でした。

 

「いつもお世話になっております。
この度は定年おめでとうございます。
当行の支店長が一度、ごあいさつに伺いたいと申しておりまして」とのこと。

 

銀行には個人の預金額が筒抜けなんですね~。

預金が多い人間にこういう営業の電話をかけるのでしょう。

 

たらちゃんは預金なんて最低限の生活費しか入れてないし、せいぜい20~30万円なので営業電話がかかってくることなんて絶対ないですが(笑)

 

この電話を受けてAさんは銀行に赴いてしまいました。

これが悪夢の始まり・・・

 

「A様、退職金の2000万円が普通預金のままですが、A様にピッタリの商品がございます!
このプランをご購入いただくと、定期預金の利率が7%になります」

 

なんと利率が7%も!?

年間でこれだけの利率であれば上出来ですが・・・

 

金融商品の知識がないAさんはその後、銀行員の言われるがままに紹介された投資信託を買ってしまいます。

 

その投資信託について簡単に説明すると、預け入れた金額のうち半分を定期預金で、
残り半分を投資信託で運用するというパッケージプランでした。

2000万円のうち1000万円を定期預金に。残りの1000万円はアジア株式を組み入れて運用する投資信託を選びました。

 

ここまでの話を聞くとかなりおいしい案件ですよね。

 

ですが、世の中こんなにうまくいくはずがなく・・・(;´・ω・)

 

実はこの投資プランにはおおきな落とし穴があったのです!!

 

定期預金の年7%という数字がありましたが、これは初めの3カ月間だけにしか適用されないというもの。
つまり、年7%とは言いつつも初めの3カ月間の期間収益はその4分の1に相当する1.75%にしかならないのです。

そして、それ以降は通常の定期預金利率になってしまいます。

 

これだけ聞くと、3か月間は利率1.75%もらえるのだからこちらにダメージはないかもしれません。

 

しかし、今一度商品の内容を思い出してみてください。

 

預け入れた金額のうち半分を定期預金で、残り半分を投資信託で運用をします。

 

ここがポイントで、投資信託の購入手数料が3.24%なのです!

ということは1000万円の3.24%ですから手数料は年間で32万4千円ですね。

 

定期預金から受け取る初めの3カ月の利息が1.75%ですからそれをはるかに上回る手数料となってしまいます。

それにしても手数料がバカ高い(;´Д`)

 

結局、巧妙なスキームを仕込むことによって、利用者から購入手数料を搾取するビジネスモデルですね。

銀行も商売ですから別にこれを否定するわけではありません。

 

ですが、ちょっと勉強をすればもっといい方法がやり方があるのにねってことを一番伝えたいです!!

 

特に、退職金を得た人や高齢者がこういう金融商品を買ってしまいがちなのかもしれません。

そして若い世代も、銀行の勧める金融商品は絶対に手を出してはいけません。

 

なぜなら、銀行は手数料収入を得ることが第一の目的でありあなたの資産が増えようが減ろうが知ったこっちゃないから。

 

「この商品は利回りいいですよ」とかの甘い言葉をささやいてきたとしても、それは複雑なからくりが仕込まれている可能性があり必ずしもおいしい話ではないケースもあったりするのです。

 

そもそも、銀行員を通じて金融商品を購入すること自体コストが高くつきますしね。

(その営業をかけてきた銀行員の人件費が上乗せされる)

 

なので、わざわざ銀行を儲けさせる必要はないです。

 

今はネット証券会社がいくつもあるし、いい金融商品を選ぶポイントもいくつかの書籍を読めばわかってきます。

たらちゃんのおススメ本はこんなの

 

資産運用を始める際は、購入の際の手数料も気にしてみてください。

本日の株式運用状況

■現物

■信用

なし

■外国株式

■買付余力

あとがき

銀行だけでなく、かんぽ生命の保険料二重払いも問題になりましたね。

(旧契約と新契約で二重に保険料を取っていた事件)

 

資産運用を始める方は、銀行や郵便局に関わらないで自分で勉強してなるべく手数料の低い投資信託を購入しましょう!

高い手数料を支払う余裕があるなら銀行や郵便局の言うことを聞くのも否定はしませんが、浮いた手数料をさらに投資に回せるのでネット証券で購入するのがおすすめですよ♪

 

☆お知らせ
======================================================================

インターネットでお金を稼ぐ
といった類の情報は世の中に溢れています。

でも最近はノウハウが広がりすぎて
なかなかいい情報に巡りあうことも
少なくなってきました。

そんな中でも久しぶりに見たこれには
頭を殴られたような衝撃を受けました。

この本です。

現代広告の心理技術101
一足先に手に入れた友人が大絶賛していたので
私も読んでみたのですが
ぶっちゃけ驚きの連続です。

内容は人の心理を巧妙に分析して
それを販売に活かすための
原理とテクニックのオンパレードです。

ネットで販売をしている人に限らず
お客を相手に商売をする人であれば
役に立つことは間違いありません。

早めにコチラからチェックしてみてください。

現代広告の心理技術101

======================================================================

 

それではあなたもほったらかし道、
突っ走ってみませんか?
レッツゴーほったらかし道!

記事に対するコメントやメッセージお待ちしております♪
Twitterでもぜひぜひ絡んでください^^

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました!
Pocket