Pocket

【お金持ちになる方法の一つとしては、払った税金を取り戻すこと。そんな合法的な方法があるって知ってた? たらちゃん】

 

ほったらかし道のど真ん中をブレずにGO!
ネットナンパ師&低位株(ボロ株)投資家ブロガーのたらちゃんです(*´з`)

 

いつも応援感謝いたします(#^^#)
ブログランキングへ参加中です!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
(にほんブログ村のブログ達そろってます^^)

主な活動内容

オトコなら、稼ぐべし( ・`д・´)(←はじめましての方はコレを読んでみて♪)

めざすはアーリーリタイヤ!毎月の運用成績はコチラをチェック(´っ・ω・)っ (外貨積立&株式投資)

ガチ人生設計中!たらちゃん実践中のタネ銭稼ぎって?

読書記録公開中!(随時更新)

副業する人してる人必見!払い過ぎた税金を取り戻してみませんか?

あらたな資産形成術を今年度は実践しようと考えています!

 

「次は何に投資すんねん?また大負けしてブログのネタにするんやろがい!!」

 

って思ったあなた・・・

 

残念ながら不正解ですw

 

まぁ冗談はおいといて・・・

 

これから実践しようとする資産形成術を一言で表現すると、

 

“払った税金の一部を取り戻す”

というもの。

 

今日は、税金を取り戻してちゃっかり資産を増やしちゃおうというスキームについてご説明したいと思います。

(わかりにくいところあれば質問してください笑)

 

まず前提として、この手法が有効なのは現在「給与所得者」(⇒すなわちサラリーマン、会社からの給料で生活している人)で、かつ副業をしている人(あるいはしようとしている人)です。

※ちなみに副業はこれからの時代に必須のスキルだと考えます。

 

ではちょ~~~シンプルに説明します。

 

「本業の給料と副業の赤字を合算し、課税される金額を減らすこと」で払い過ぎた税金が戻ってきます。

 

これだけではわかりにくいので、具体例をあげてみてましょう。

 

ケース①給与所得のみで生活しているカツオ君の例

会社からの給与だけで生きている、カツオ君がいるとします。

 

今年は、そこそこの残業と安定したボーナスで年間で500万円稼ぎ出したとします。

当然ですが課税対象は年収の500万円に対してですね。

 

もろもろの税率が30%だとすると、支払う税金は500万円×30%で150万円となります。

 

カツオ君が頑張って稼いだ内の150万円は税金として国へ納めましたとさ。

 

大勢の副業をしていないカツオ君のような会社員にとって税金を納める行為は、これでおしまいですね。

 

ケース②給与所得と事業所得(赤字)で生活しているワカメちゃんの場合

「会社からの給料だけでは足りないわよ!」と考えているワカメちゃんは、副業を始めることにしました。

 

副業を始めたけれど本業はおろそかにせず頑張ったワカメちゃんが会社からもらった給料は年間500万円とでした。

 

そして気になる副業の収入は・・・

初年度はなんとか試行錯誤して年間10万円の収入を得ることに成功!!

★これを事業所得と呼びます。

 

ワカメちゃんやったね!(´っ・ω・)っ

 

しかし、10万円の収入を得るために費やした費用(必要経費と呼びます)は110万円でした。

 

この110万円の必要経費の中身はというと・・・

新しいパソコン、スキルアップのための書籍やセミナー、副業の先生にお支払いするコンサルティング料などなど収益を得るために直接的に要した費用です。

 

ということで、副業をしたことによって赤字が100万円発生してしまいました。

 

整理すると今年のワカメちゃんの所得は以下の通りになります。

①給与所得500万円

②事業所得マイナス100万円

 

ワカメちゃんが副業していることを知らない会社は、500万円に対して源泉徴収という形でワカメちゃんの意思とは無関係に税金分を天引きします。

すなわち、この時点では500万円×30%である150万円を税金として納めることが確定してます。

 

ですが、ワカメちゃんは賢い子でした。

 

「会社からの給料は500万円だけれども、副業(事業所得)で赤字が100万円発生しているからトータルの年収は400万円なのよっ!だから400万円に対して課税されるべきなのよ!(`・ω・´)」

 

ここで細かい税法の話は割愛しますが、給与所得と事業所得は損益通算という方法で合算できるのです!

(⇒片方の所得がマイナスであればプラスである所得から差し引くことができること)

 

ということで、ワカメちゃんに対して課税される所得はというと・・・

400万円(給与所得500万円ー事業所得100万円)になるのです。

 

給与所得に対する税金は、源泉徴収という形で会社があなたの分の税金を代わりに支払ってくれています。
逆に言うと逃れられないということですね(;´∀`)

 

ですが、この事業所得の赤字はしっかりと税務署に申告をしないと認められません。

 

ワカメちゃんはきちんと税務署で確定申告をして、事業所得で100万円の赤字が出ていることを申告したのです。

 

税務署の人は「あっ、この人は年収500万円分の税金を支払っているけど実際の年収は400万円だね。ということは100万円分は余計に納税しているね。こういう場合は税金を還付しないとね」ということで・・・

 

ワカメちゃんは無事に30万円(100万円×30%)分の税金を取り戻すことができるのです!!

 

以上が、給与所得者が副業の赤字を利用して税金を取り戻す方法の概要でした!

 

そんなに簡単にできる方法ではないし、ハードルは高めかもしれません。
また、事業として何を行うべきかはそれなりの設計が必要なのですががっちりハマればあなたの資産形成の助けになることは間違いありません。

 

ここで、もしかするとこんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

「今回の例では30万円を取り戻すことはできるんだろうけど、70万円は追加の出費になっているからトータルとして損してるんじゃない?」

という風な疑問を。

 

実は、ワカメちゃんが必要経費として計上した費用には家賃や通信費、水道光熱費の一部も計上できたりするのです。
(全額はできないけれど・・・)

その他の経費は、ワカメちゃんが自分のスキルを上げるための自己投資費用なので将来リターンを得ることを目的として出費した金額です。

 

70万円は決して無駄金を垂れ流したわけではなく将来的に事業を大きくするための投資と考えれば、むしろポジティブな出費ですね。
これを機会にワカメちゃんは脱サラしてさらなる収入を得るのもいいし、適度に事業所得の赤字を計上して全体としての課税額を減らすのもいいしそこはいくらでも選ぶことができます。

 

・・・と言う風な感じで副業をしているサラリーマンが税金を一部取り戻す方法についてご紹介してみました!

 

興味がある人はぜひこの仕組みを取り入れてみてはいかがですか?
(後ほど参考書籍もご紹介します♪)

 

ちなみに、副業をせず会社員としての給与一本でこれからも生きていく方は使えない手法なのでご了承くださいませ(;^ω^)

本日の株式運用状況

■現物

■信用

■外国株式

■買付余力

あとがき

今回ご紹介した、税金取り戻しスキームを本気で実践しようとお考えの方は、こんな本を読んでみると勉強になりますしたらちゃんもこれで知識を身に付けました。

 

 

こんな方法があるんだって目からウロコです。

 

さらにこういうのも読んでみるとよりお金、株、不動産、保険などなどについて一層勉強になりますよ~(#^^#)

 

組織に縛られないための、自由な生き方をデザインしていきたい人は要チェックです(`・ω・´)

☆お知らせ
======================================================================

ファイナンシャルアカデミー 株式投資の学校

株式投資は短期的にはものすごく運に左右されますが、中長期的には努力に比例します。

ただし、せっかくの努力も正しい方向付けのもとになされないと
徒労に終わってしまう可能性もあります。

効率よく株式投資の知識を身につけたい方、
まずは、株式投資の学校の体験学習会(無料です^^)へご参加ください!
(以下のリンクより)

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

======================================================================

 

それではあなたもほったらかし道、
突っ走ってみませんか?
レッツゴーほったらかし道!

記事に対するコメントやメッセージお待ちしております♪
Twitterでもぜひぜひ絡んでください^^

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました!
Pocket