Pocket

仕事だったり、何かアイデアを出さなくっちゃいけないときって集中できる時間が欲しいですよね。

 

時間の使い方次第で、あなたの集中力やパフォーマンスが一気に向上するんですよ♪

 

ではではさっそく具体的な時間の使い方を。

 

午前中のオススメの時間の使い方は・・・

 

90分間の集中タイムと20分間のリラックスタイム

 

これを設けること。

 

これは絶対に90分じゃないといけないってわけではなく、60分とか自分の集中力が持続できる時間でOKです。

最長で90分ってことで。

 

あと、youtubeとかで検索するといくらでも出てきますが自然音とかを聞きながらだとより集中できます。

 

職場とかでも自然音BGMにしたらいいのにね~。

 

そして午後の時間の使い方についてです。

 

できれば、午後は昼寝をしたいところ。

昼寝する最中で午前中に学んだことが記憶に定着するのに効果的です。

60分が理想ですが、そんなに時間が取れない人は20分とかでも頭がスッキリしますよ♪

 

そして、集中タイムは52分間の集中と17分間の休憩のリズムが研究によって良いとされています。

 

午前中よりも集中できる時間は短くなります。

 

さらに、夕方あたりからはポモードロテクニックという25分間集中と5分間の休憩を繰り返すとパフォーマンスが維持できます。

 

集中力って思っているほど長時間続かないですね(;´∀`)

 

あと、これが達成できたら、プチ報酬としてご褒美を与えるのも大事。

 

例えば・・・

90分集中できたらコーヒーを飲む

52分間集中できたら好きな音楽を聞く

などなど・・・

 

タスクの重い軽いについても、午前中に重い課題をやるほうが合理的です。

 

心理対比でモチベーションアップと集中力アップ方法とは?

心理対比というテクニックを使うと、目標の達成率が上がります。

一言で言うと、最悪の状況を想像した時に目標達成率が上がるっていうもの

 

例えば、資格の勉強とかスキルアップや副業の勉強をしているとします。

 

でもでも、疲れている時とかせっかくの休日ってサボりたくなりませんか?

 

たらちゃんも休日はずっと寝ていたい・・・(;´∀`)

 

ですが、ここで想像してみてください。

 

10年後のあなたを。

 

今日30分の勉強をサボったことによって、あなたの10年後の年収が上がってなかったり最悪の場合職を失っている可能性だってある。

 

そう考えると、「じゃあ今勉強しなきゃ!」って感情が湧いてくる気がしませんか?

 

将来の不運な自分の姿を想像して、今の自分の行動を変える。

これがポイントです!

 

そんなバカな?って思うかもですがけっこう効果ありますよ(^o^)

 

いわば、将来にタイムスリップして将来の自分の姿を強烈にイメージするってことが大事。

 

過去は決して変えられないけれど、未来は変えられる。

 

思考だけ未来にタイムスリップして、モチベーションアップしましょ!

 

という感じで、集中力とかモチベーションを上げる方法でした(´っ・ω・)っ

Pocket